市 民

森永ヒ素ミルク中毒事件は、昭和30年(1955年)に日本で発生した、森永乳業の粉ミルクによる乳幼児の大量死亡・被害事件です。 森永は、猛毒のヒ素が混入した産業廃棄物由来の第二燐酸ソーダを、製品が新鮮であるように偽装する目的で赤ちゃん用粉ミルクに添加したため、1万2千名以上の膨大な被害者を生み出し、1年以内に131人の赤ん坊が死亡するという世界最大の食品公害となりました。未だに多くの被害者が理不尽な扱いに苦しみ続けています。

2015年11月

「…封印され廃棄処分を命ぜられた筈の毒ミルク60万缶が何時の間にか売り捌かれ東京ではそれが闇に流れていると噂されている。…」
(岡崎哲夫著「森永ミルク事件史」-1957年-144頁)

この件について、以下のコメントが寄せられた。

─猛毒「森永ヒ素ミルク」をニワトリの餌に混ぜ、
 全国民にコッソリ食わせた「闇」の詳細が明るみに─


44. MF5808 2015年11月18日 09:13(多少文書を整理した)(※1)
 ここに書かれていることは、重大問題を含んでいることをまず理解していただきたい。
 1955年の事件発生直後のこと、岡大医学部へ持ちこまれた「ヒ素入りミルク」の疑いのあるMF、MC、MLの三種、それぞれ製造月日の異なるものを法医学教室で分析をした。分析したロット番号順に一覧表が『岡山県における粉乳砒素中毒症発生記録』(昭和32年10月岡山県発行)に掲載されている。
 厚生省は事件発生直後には、ヒ素含有ミルクは廃棄処分にすると新聞発表している。ところがその後方針を180度変更する。実験の結果が良好なら、育雛飼料(※2)として利用する方針になった。
 実験に使われた「有毒ミルク」がMF5808ということである(※3)。ところが、このロット番号は岡大医学部法医学教室の分析表には登場しない。前掲書の巻末の一覧表のどこにもない、いや本全体のどこにもない。
  その「MF5808」を使って育雛実験をしたということが、もしかしたらもともと「無毒缶」ではなかったかという疑問を「記録マニア」氏(下記)は述べておられると読みとれる。
 192羽の実験で1羽の死亡という「好結果」であったことが、MF5808は「無毒缶」との疑いを強くする。普通ニワトリを飼育していても1羽くらいは死ぬものだ。ワザワザヒ素の入っているミルクをエサに混ぜて育てて、1羽しか死なないというのが、そもそもマユツバものではないか。
 見せかけ上の実験で好結果をのこし、実際の飼料製造には本物の「有毒ミルク」を混ぜて作ったのだ。その結果は各地でヒナの大量死を招いた(※4)
 だが、飼料のなかに「ヒ素ミルク」が混ぜてあることなど農家は知らなかったので、天候のせいにしたり、他の理由にして深く追及しなかった。このことを書いたのは14年経った後に「婦民新聞」など少数。マスコミは無視したので、うやむやにしてしまった。

(註)
※1  「MF5808」氏 の投稿コメント
 記事 「多国籍企業シェルが開発した「相互秘密保持契約」 森永ヒ素ミルク中毒・被害者への支配構図、米国でコピー登場http://morinaga-hiso.blog.jp/archives/1033260039.html#comments 
へ寄稿されたペンネーム「MF5808」氏のコメント
※2 育雛飼料
 ひな鳥のえさ。実際に「F印 育雛用飼料」の商品名で販売された。出典: 『岡山県における粉乳砒素中毒症発生記録』(昭和32年10月1日岡山県発行)
 昭和30年8月28日付山陽新聞一面記事
 「…同省木村次官、紅露政務次官、山口公衆局長、楠本環境衛生局長らは同日午後の徳島工場にたいする行政問題を協議した結果同工場製品のうち、何月から何月までのものが有毒なのか、また調査の結果、これが同工場の過失か不可抗力かのいずれによるものかを判定したうえで、何らかの措置をとることにし、回収したMF製品のうち国立衛生研究所が有毒と認めた製造期間内のものに限って廃棄処分の手段をとることを決めた。」
 なお最近、一市民が、「MF製品のうち国立衛生研究所が有毒と認めた製造期間内」の検査の有無を国立衛生研究所へ問い合わせたところ、以下の回答であった。
 「(国立衛生研究所宛てに)直接メールを出しましたら、HPがあるからと教えられ、そこへアクセスしましたら、昭和30年頃の研究項目が並んでいました。その研究のなかに、岡山大学医学部から死亡被害児の肝臓の一部を提供され、それから砒素を検出したという内容が記述されていました。それは簡単なものでしたが、それ以外には砒素ミルクに関する研究はありませんでした。 」(記録マニア氏2015年11月30日寄稿)
 廃棄するとして回収された莫大な量の森永砒素ミルク缶は、「MF5808」ただ一缶だけの供試で「ニワトリのヒナに与えてもさして問題なし」とされ、大規模に再流通されることになった。
 浜本英次教授編纂の上掲書『岡山県における粉乳砒素中毒症発生記録』(表紙が赤いので、当時「赤本」と呼称された)のなかでは、さも科学的な根拠を得たかのように表現されている。
 この飼料の売上金、当時の価格にして約1千万円(現在価値は1億円を越える)が、「森永奉仕会」の設立資金として流用された。回収した東京都が製造を促したと思われる。この「森永奉仕会」の事業目的は、全国の国公立・私立大学へ森永乳業のカネを「研究資金」の名目でばら撒くことだ。このカネは、(1955年から1968年までの)被害者救済運動の存在を国民の目から隠蔽し弾圧するため、御用研究者への実質的な買収資金として活用された。この基金は今も厚労省所管の財団法人として存続しており、「森永乳業に奉仕する研究者」を育成し続けている。現在の「寄付講座」や「産官学協同」の悪質な側面を生み出した端緒ともいえる。
 なお、故・岡崎哲夫氏は岡山県衛生部に「赤本」を請求したが、岡山県は「(被害児)救済運動を中止するなら渡してもいい」などという発言を行った。このような偽装に基づく不正行為がバレることも大いに恐れたと思われる。岡崎氏は迂回経由で「赤本」を手に入れ、その内容を「事件史」で告発したが、既にメディアは一切の沈黙を決め込んでいた。全国民の体内への、ニワトリを通じた砒素ミルク摂取も同じく隠蔽されてしまった。直接的には東京都の手によるものだが、森永乳業と厚生省と御用医師グループ、それに追随・安住するメディアの結託がベースにあったことはいうまでもない。
※3 実験に使われた「有毒ミルク」がMF5808
 『岡山県における粉乳砒素中毒症発生記録』(昭和32年10月1日岡山県発行)の297P<「(26)森永MF印よにる(ママ)鶏雛の飼養実験について」1供試飼料>、同じく298P掲載<供試粉乳 森永粉乳MF5808 砒素含有量22ppm >(※1へのcoment 46. 「MF5808」氏 2015年11月29日 08:27)
※4 ヒナの大量死を招いた
森永告発機関紙『森永告発』第6号(1971年10月1日)
「砒素中毒は赤ちゃんだけではなかった 砒素ミルク飼料でニワトリも?……」
 岡山県勝田郡奈義町宮内の内藤勝野さんのお宅では昭和31年から32年にかけて、奈義町農協から育雛用の飼料を買ってニワトリを育てていましたが、飼っていた20羽が全部死んでしまいました。近所にもそういう家が多かったということです。死んだニワトリは、肝臓が異常に肥大しているなど、砒素ミルクの被害児の症状によく似ていたが、当時、砒素ミルクがニワトリの飼料になったことなど全く知らず、不審には思いましたが、天候のせいだろうと片付けていました。
 最近になって、料理講習会があったとき、その講師が、毎日新聞の「黒いミルク」記事を引用して「森永はひどい。毒ミルクを養鶏のエサにした」と言ったことから、当時の記憶がよみがえって来ました。
 32年~36年当時、奈義町農協の組合長をしていた船曳澄衛さんの話によると、その飼料は全購連から買ったということです。
 昭和32年に岡山県が発行した『岡山県における粉乳砒素中毒症発生記録』によると、「有毒粉乳」の配布先として全購連の名もあり(301ページ)それらのニワトリが砒素ミルクの犠牲者であることは、ほぼ間違いありません。
 当時の処理缶数は約45万缶、従って全国的にはかなり多く出回っていたはずであり、同じような被害は他にも多くあったでしょう。また、それらのニワトリが産んだ卵や鶏肉を食べた人間も多いはず。それらの人々はほんとうに無事だったのでしょうか。ひょっとするとあなたも……? (以上全文引用)
 (※1へのcoment 47及び50、「三百代言」氏 2015年11月29-30日)

【事件解説ポスター 7頁 現在も存続中の「森永奉仕会」設立の経緯を参照】
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-poster-00.pdf


【参考資料】
43. 記録マニア  2015年08月17日 17:20
http://morinaga-hiso.blog.jp/archives/1033260039.html#comments
「お母さんはねえ、坊やの疑問にこたえるために、MF5808がどこへいったのか、探しているのよ。それでね、いちばんいきそうな心当たりをさがしたわ」「お母さんMF5808はどこにあったの」「国立衛生研究所があやしいとにらんだの、ホームページからさがしたわ」「そうしたらどうなったの」「国立衛生研究所では昭和31年にヒ素ミルクに関する研究をしていることがわかったの。でもね、それは死んだ赤ちゃんの肝臓の一部を岡大医学部から送って貰い、その中のヒ素検出をしただけなの」「赤ちゃんかわいそう」「ヒ素入りミルクの分析実験はやってはいないことがわかったの」「おかあさん、MF5808はどこからきたのでしょうかねえ?」

「森永ミルク事件史」は以下からダウンロードできる。
〔※森永告発の「砒素ミルク2」(1973)は「森永ミルク事件史」(1957)復刻版〕
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-book-hisomilk2-1pdf.PDF (上巻)
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-book-hisomilk2-2pdf.PDF (下巻)

出典:森永ヒ素ミルク中毒事件資料館アーカイブス
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-jiken-no-jissou-syousai-hm1.htm

本年、森永事件60年として一部大手メディアで「不安はあるものの、今では、森永に良くして貰って、わりと幸せそうに前向きにいきている被害者」といったイメージが流布されている。ところが、それとは全く異なる現状が新たに告発されたので、コメント原文のまま紹介する。
■11月8日に第2回目の告発文、■11月13日に第3回の告発文が寄せられた。

【第1報】121. 守らん会会員 2015年11月04日 10:11  
 オレの知ってる「守らん会会員」で肺がんの末期患者がいるが、その人の現状をしらせる。
 彼は月に一回入院して抗がん剤を注射している。その副作用がひどい時には、一ヶ月も退院できないことがある。それで、いままで仕事をしていた会社をクビになり、ひかり協会に救済を求めた。
 ところが協会は冷たいものだった。なにも対策をとらず、「そんなら生活保護をもらったらどうだ」といった。
 それで彼は生活保護の申請をしたら、車など持っていたので、生活保護は貰えなかった。仕方がないので、厚生年金をもらうことにしたが、支給年令前だったので、支給額は減らされた。
 今のひかり協会は「患者を救うためにあるのではなく、職員を救うためにある」のだから、患者への支給額を「ナンジャ、カンジャいって」少しでも減額することに一生懸命のようだ。
  それじゃあ「恒久対策案」はなんのためにあるのか、ひかり協会も守る会も「世界にカンタル恒久対策案」と自慢しているが、これはオカザリにすぎないのだ。
 みなさん考えてもゴロウジロ。正月のオカザリにしても実際的な効果は、ありはせんのだ。あれは手を合わせて拝んでいれば、なんとなく有難味がわくというものだ。早い話が「恒久対策案」は実際的な効果は「ゼロ」になったというこっちゃ。神棚へ上げて、みんなで手を合わせて拝んで「アリガタイ、アリガタイ」というだけの代物になってしまっている。それがマスコミにはわからない、分かろうとしないだけの話だ。
 オカザリになることを心配していたのはオカザキさんだが、天国でこの様子をどうみているか聞きたいものだ。
コメント出典:http://morinaga-hiso.blog.jp/archives/1031481311.html

【第2報】 126. 守らん会会員 2015年11月08日 11:43
 末期ガン患者の会員はその後、脳梗塞を患ったが軽度であったため、生活に支障はなかった。ところが医者から自動車の運転は止められた。…(中略)…彼は今まで病院へ車で通っていたのが、バスかタクシーでなくては通院できなくなった。ところが、田舎から病院まで20キロ以上あるので、通院が困難になった。
 ひかり協会の規定では通院費用は特定の者(ひかり手当1.2級の者、健康管理費特1級の者、その他協会が認めたもの)以外の入退院にかかる交通費は片道運賃だけになっているのだ。(ひかり協会の職員の新幹線出張はグリーン車だそうだ)
 末期ガン患者は重症被害者と変わらないほど不自由な生活を強いられているが、どうして交通費を片道しか払わないのか理解に苦しむ。…(後略)…
コメント出典:http://morinaga-hiso.blog.jp/archives/1031481311.html

【第3報】 128. 守らん会会員  2015年11月13日 09:08
 そうそう、大事なこと忘れとった。121より前のこと書かにゃー。
 末期ガンの彼のこと仮にAさんとしておくわ。ガン治療のため入退院を繰り返し金にこまっとった。Aさんは死亡したら香華料40万円が払われることを知って、ひかり協会に対してこの金を前払いのかたちで、払ってもらえないかともちかけた。ところが、「そんなことできない」と冷たい答えが帰ってきたというわけじゃ。それじゃ「なにか仕事さがしてくれ」というてもそれもしてもらえんかった。挙句の果て、「生活保護でももろうたらどうじゃ」ということになったのが、ことのはじまりじゃ。
 ひかり協会の「相談員制度」ちゅうのは、「みんなで生活保護をもらえば、森永はたすかる」というのがホンネのようじゃ。
コメント出典:
http://morinaga-hiso.blog.jp/archives/1031481311.html

マスコミを直接取り込み始めた森永乳業、2012年より
原子力 ムラ御用記者(毎日新聞)スカウトの露骨

 以下はブログに寄せられた読者からの告発で判明した。
 森永乳業のCSR(企業の社会的責任)報告書に、毎日新聞社 生活報道部 編集委員・小島正美氏が、森永の企業姿勢を褒め称える形で参加している事例である。(2014年報告書本体25P参照 この状態は2012年から昨年2014年まで3年間にわたり続いた。)
https://www.morinagamilk.co.jp/corporate/csr/pdf/2014/morinaga2014.pdf

2012年から森永乳業に対して「メディアを取り込め」とアドバイス
 2012年には、彼は、第三者委員会メンバーに選ばれたことがそんなに嬉しかったのか、文中で「メディアを取り込め」としきりに連呼し、“メディアをステークホルダー(利害関係者)にすべき、メディアをもっと活用すべき”だと強調している。
https://www.morinagamilk.co.jp/corporate/csr/pdf/2012/morinaga2012.pdf (25p)

同年、原子力業界に対しても「消費者運動を制圧せよ」とアドバイス
 通常、記者が企業の販売促進活動に個人的に出演したり、他の媒体に投稿する場合は、社の許可がいるので、これは毎日新聞社中枢の意思表明と受けとられる。
 なお、このブログ記事を立てた直後から、毎日新聞社 生活報道部 編集委員・小島正美氏の言動を暴露するコメントが多数寄せられている。この小島氏は、3.11の原発事故の翌年2012年に発行された原子力学会誌への寄稿文で、同じ新聞記者を「反文明的気質」人種だと誹謗中傷し、「消費者運動をねじ伏せる」コツを「原子力ムラ」へ露骨に教示し、煽りまくっている。

「日本乳業協会」の理事に就任
http://www.aesj.or.jp/atomos/tachiyomi/2012-12mokuji.pdf (4-5p)
 まさに不正な国家権力に阿諛追従する「御用記者」の名にふさわしい。この御用記者が、2012年、時を同じくして森永乳業にスカウトされ、3年にわたって重用され、森永乳業の「太鼓持ち」と化した。
 そして彼は、滑稽なことに非常勤ながら「日本乳業協会」の理事を務めている。(任期:平成26年5月16日~平成28年5月総会日)会長は明治、森永は副会長。(11月11日通報受領、確認)
http://nyukyou.jp/executive/index.html
 一部メディア関係者の余りに愚かしい姿であり、このような人物をスカウトした森永乳業の現体質もまた、より鮮明となった。

まとめると…
 毎日新聞社 生活報道部 編集委員・小島正美氏は、東京電力福島第一原子力発電所事故の世界的衝撃も覚めやらぬ2012年に、いち早く原子力ムラに対して「マスコミを取り込むテクニック」と「消費者の動きを果敢なアクションで制圧する思想」を進言し、同じ年から、森永乳業にも「マスコミを取り込め」と進言を始めた。その挙句、「乳業協会」理事におさまった。
 実にわかり易い構図を示してくれた人間だ。
 他のマスコミの方は、このような原子力ムラや森永に飼われた人間の動きに、くれぐれもご注意を。

あるクリスチャンからの言葉。
出典:http://unidosconelpapa.blogspot.jp/2013/09/blog-post_5247.html
「教皇フランシスコいろいろ」9月3日(火)聖グレゴリオ一世教皇教会博士(記)

…(前略)…イエスの光は「イベントのものすごいアトラクションのようなものではありません。それは心にやってくる光なのです」。けれど、「しばしば悪魔は光の天使を装ってやってくることも確かです。悪魔はイエスのまねをし、よいふりをし、穏やかにわたしたちに語りかけます。ちょうどイエスに断食の後、砂漠で語りかけたようにやるのです」。ここに、主に「いつイエスがわたしたちに光を与え、またいつまさに光の天使を装って悪魔が働いているのかを知るために、識別の知恵」を求めなければならない所以があるのである。
…(中略)…
 「光の中で生活していると信じながら闇の中にいて、しかもそのことに気づかないでいることが、わりとあります。イエスがわたしたちにもたらす光はどういうものでしょうか?イエスの光を知ることはできます。なぜなら、それはへりくだったつつましやかな光だからです。強引に押し付けてくる光ではありません。へりくだっているのです。それはおとなしさの力で穏やかにしてくれる光です。心に語る光であると同時に、あなたに十字架を差し出す光でもあります。もしわたしたちが心の中の光において素直な人間であるならば、心の中でイエスの声を感じ、恐れることなく十字架を見ることになります。それが、イエスの光です」。

 けれど一方で、もし「鼻高になる」ようにする光、「他の人を上から目線で見、他者を見下し、傲慢にするようにと導く」光が来たならば、それはイエスの光ではありません。それは悪魔の光、イエスや
光の天使を装った悪魔の光です」。

<了>

【参考資料】--------------------------------------------------------------
森永事件解説ポスター
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-poster-00.pdf
能瀬英太郎氏のルポルタージュ
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/nose-report.pdf
 出典:http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/bookmotomeruyuusi.htm
森永告発刊 『砒素ミルク』シリーズ
第1巻 http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-book-hisomilk1-1pdf.PDF
     http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-book-hisomilk1-2pdf.PDF
第2巻 http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-book-hisomilk2-1pdf.PDF
     http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-book-hisomilk2-2pdf.PDF
 書庫:http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-jiken-no-jissou-syousai-hm1.htm
未だ横行する森永乳業によるウソとプロパガンダ
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-propaganda02.htm
被害者が基金告発
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/jinnkennkyuusai.htm
民主集中制という麻薬的党派性向
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/morinaga-hiso-minsyusyuucyuusei-no-uso.htm
中坊公平氏とそれに続く言説
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/bengosi-igi.htm
市民の批判をヒボウ中傷で攻撃する被害者団体を告訴し、勝訴
第三回準備書面で言論弾圧体質の一端を公表
http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/nose-sosyou-genkokugawa-jyunbisyomen3-pdf.pdf
書庫 http://ww3.tiki.ne.jp/~jcn-o/nose-sosyou-stage2-kousosin.htm

このページのトップヘ